衝撃的誘惑スパイラル

最高のGWを迎えるための連休前夜RTA

GW中日の5月2日。

本当は夜のイベントに参加するつもりで半休をとろうとしていたけれど、残念ながらチケットがとれず配信組に。

18時半からのイベント配信なので普通に退勤してからでも間に合うけど……え、やっちゃう?!

ということで、フレックスを活用して15時に退勤、最高のGWを迎えるための爆速RTAを残しておきます。

ちなみに私は突然予定のない休みをつくるのがだ~いすき。前にもそんな記事を書いているのでよろしければ。

ensui-2.hatenablog.com

事前準備

何事も準備が大事。ただだらだらと休みを迎えるよりも、(主に家事の)タスクを綺麗さっぱり終わらせてから休んだほうが100倍気持ちが良い。

連休前夜は朝から始まっている!という意気込みで、勤務開始前に洗濯物を干して掃除機をかけた。昼食のタイミングで食器も完璧に片づけ。偉すぎる。

15時 退勤

ここまでに集中して仕事を片付け、予定通り15時に退勤。正直GW中日の夕方なんていなくても誰にも迷惑はかからないのでなんの罪悪感もない。

退勤後、まずは買い出し。

今日のゴールは18時半に始まる配信を万全の状態で迎えること

配信を見ながらつまみたいお寿司を確保しに近所の魚屋へ。スーパーの惣菜ではなく魚屋のお寿司にするところが浮かれポイント。

ついでにダイソーで掃除用品、スーパーでお酒を買って、小一時間で帰宅。

16時 帰宅

帰宅即湯はり開始!

配信をリラックスした状態で見るためには、入浴を済ませていることがマスト条件。しかもシャワーではなくちゃんと湯舟につかりたい…!

正直湯舟につからなければ17時退勤でも間に合ったところをこのためだけに15時退勤にした。湯舟につかったかどうかで達成感と肌の調子があまりにも違うんだもの…。

湯はりが終わる約15分の間に、玄関の掃きそうじと洗濯物の取り込みを済ませる。掃除系の家事が一番嫌いなんだけど、「湯はりが終わるまで」などの時間制限を設けるとゲーム感覚でできるのでおすすめです。やり残しがあっても罪悪感がない。

掃除も済んでたっぷり1時間ほどかけて入浴。お風呂では電子書籍を読んでいることがほとんどです。

17時すぎ お風呂終わり

しっかり入浴できたので達成感。まだ明るいのに冷たいお茶を飲みながら休憩しているのがたまらない。

入浴後はへろへろになっているので、スキンケアをじっくりしつつ、YouTubeを流しながら洗濯物を畳んだ。掃除も洗濯も終わっているので今日のタスクはここまで!よし!

18時 そわそわしながら準備

ここからは配信のための準備を。

リビングのどでかいテレビで見る予定なので、まずは配信チケットの購入と接続確認(これマジで大事)。ばっちり映ることが確認できたらおつまみ準備へ!

買ってきたお寿司のほかは、キムチときゅうりをよそっただけの雑つまみと、〆のなめこみそ汁、配信中にお寿司を食べきったとき用のポテチも待機。

ほかほかおにぎりクラブ会員です

18時半、満を持して配信視聴!

思った以上に最高の状態で視聴開始できた。間に合ってよかった~。

 

お酒を飲みながらゲラゲラ笑って良い休日前夜になりました。

連休前に半日くらい休みをとって心も体も休む準備を整えるの、なかなか良いかもしれない。

皆さんも良い連休をお過ごしください!

 

感想もらえるととっても喜びます!

marshmallow-qa.com

誰にも見せない日記を書く

1年ほど前から紙の日記を再開した。

日記自体は小学生の頃から「数日おきに気が向いたら書く」くらいの習慣になっていたが、社会人になってからはアプリやスマホのメモ帳で済ませたり、SNSやブログで日記欲を満たせていたりと、紙の日記帳からは足が遠のいていた。

書きたいだけ・吐き出したいだけであればアプリやSNSでも良いのだが、「振り返りたい」となるとやはり紙媒体が良いなと気づいたのが昨年のこと。ぺらりと紙をめくりながら過去の自分を振り返るのは、スクロールでは味わえないほっとできる感覚がある。

試行錯誤しながらも、
①まずは日記を書き始める
②日記を継続させる
③自分にあった日記にシフトする
という3段階を経て、2年以上楽しく日記を続けられている。

2分もあれば埋められる日記帳を選ぶ

しばらくぶりの紙媒体で継続できるか少し不安。まずは手軽に試してみようと手に取ったのは、無印良品のマンスリースケジュール帳だ。とてもシンプルな構成で、マンスリーカレンダー12か月分とフリーページが20ページ強あるだけ。価格も550円と、挫折しても惜しくない値段だった。

www.muji.com

この手帳のマンスリーページに、細かな字で日記を書き始めた。旅行中や飲みすぎた日などは書けない日ももちろんあり、そんなときは可愛いシールでごまかす。1日分の枠が狭いのがちょうどよく、継続するハードルをできる限り下げられた。この量なら、2分もあれば埋められてしまう。

f:id:ensui_2:20240326201604j:image

慣れてくるともっと書きたいことが増えてきたので、気分が乗っているときは後半のフリーページに書くように。特に映画や舞台の感想は際限なく書きたかったので、枠がないページなのが良かったと思う。自分の気持ちを枠の中だけで制限せずに、どこまでも好きなだけ書き連ねることができた。

f:id:ensui_2:20240326201613j:image

自分に合う日記帳の条件

マンスリーとフリーページの2種類を使ったことで、自分が求める日記帳がだんだんとわかってきた。試行錯誤期間を経て、今年の日記帳を決めるときに書き出した条件がこちら。

・書きたい日と書きたくない日、どちらでも好きだけ書ける自由さがほしい
・書けない日が続いて空欄が目立つと開かなくなってしまう
・カレンダー形式でどんな出来事があったのかを一覧できるのが良い
・1年を通して読んだ本や観た映画・舞台などをリスト化して振り返りたい

見ての通り、とにかく自由さ重視。この時点で、よくある日にちで分割された日記帳やデイリー・ウィークリーの手帳などは除外。まっさらなノートを用意して、そこからカスタムしていくのが良さそうだと考えた結果、そろえたのがこちらの3点。

f:id:ensui_2:20240326201626j:image

ノートはRHODIAの「ゴールブック」。ページ番号がふられているので目次が作れるのが決め手だった。同様のロイヒトトゥルムとも迷ったが、カバーが固いためぺらぺらめくりたい私には合わず。

ゴールブックにはカレンダーはないので、マンスリーカレンダーのステッカーも購入。

inspicスマホBluetooth接続して使うモバイルプリンターで、インク無しでカラー写真を印刷できる。inspicを導入したことで、SNSスマホアプリより劣っていた「写真で残す」という点がクリアできた。

www.shop.quovadis.co.jp

ただのノートを自分専用の日記帳に

ノートの前半には各種リスト用のページを確保した。本や映画、舞台、展示の記録のほか、買った服や月締めの家計簿、行きたい場所や展示をメモするページも用意。1年を通して記録するものは前半にまとめることで、後半を自由に使う。

リストページのあとからは早速1月のカレンダーステッカーを貼り、1月が終わったら次のページに2月のステッカーを貼る、という算段だ。先々のカレンダーがまだ貼られていない状態だが、このカレンダーはあくまで「予定を記録しておく」ことが目的なので、スケジュール管理はスマホだけで問題なし。この月にはこんなことがあったんだな、と出来事だけを一覧で振り返れるようにした。

f:id:ensui_2:20240326201643j:image

その後はひたすら自由に日記を書いたり書かなかったり。2~3行で終わる日もあれば2ページに渡って書き込む日もあり、毎日の気持ちの波を後からも感じられる。inspicで印刷した写真や舞台のチケットを貼ったり、中途半端に空いたスペースにはシールやマステを貼ったり、とにかく何もルールを決めないことにしている。書き進めるうちにふわふわと膨らんでくる日記帳が愛おしい。

f:id:ensui_2:20240326201654j:image

"誰にも見せない日記"の良さ

SNSやブログ記事を書くときには、無意識のうちに「読んでくれる人がいる」ことを前提に言葉を発していると思う。それはとても尊いことだし、人に見せる文章だからこそ出てくる言葉がある。私も人に見てもらえる場所で言葉を綴ることが好きだ。

一方で、見え方を気にしてこぼれ落ちる言葉もあると思っている。それは醜い感情だったり、人には言いづらい意見だったり様々だが、どんな感情でもその手触りはいつか絶対に忘れてしまう。舞台を見てすごく感動した日のことも、ささいなことでひどく悔しい気持ちになったことも、いつか自分の糧になるかもと思いながら、誰にも見せない日記帳を前に必死に拾い集めて小瓶に詰めているような感覚だ。

逆に、言語化することで、その言葉としてしか思い出せなくなるんじゃないか、言葉にできなかった気持ちの隙間を言葉が飲み込んでしまうんじゃないか、と思うこともある。何度も何度もそんなことを考えたが、それでもやっぱり気持ちごと忘れてしまうくらいなら何か少しの手がかりだけでも残しておきたい。私にとっては、手がかりを残す手段は言葉にすることだなといつも思い至る。

 

誰にも見せない日記、なかなか悪くないですよ。

 

おまけ 愛用の筆記具たち

筆記用具は100円ショップで買ったキラキラのサンリオポーチの中にがさっといれて、気分で選んでいる。メインの文字に使うのは、黒の他にもネイビーや茶色、ボルドーなどの渋めの色のペンが多い。

f:id:ensui_2:20240326201505j:image

最近はキッズ向け万年筆の「kakuno」がお気に入り。本格的な万年筆も持っているけれど、kakunoの気軽さが私の日記と相性が良い。すらすらひっかかりなく書けるので思考がそのまま文字にできる気がしている。

 

 

円錐にマシュマロを投げる | マシュマロ

 

 

 

2024年3月11日

f:id:ensui_2:20240311221707j:image

起きた瞬間に「あ、今日だ」と思った。眠い頭で指折り数え、もう13年経ったのかと静かに思い出す。高校1年生だったあのときも、東京で働いているいまも、私はふるさとのために何かをできたと思えたことはない。

 

昨年別の土地で生まれ育った人と結婚することになり、両家の顔合わせをする食事会をひらいた。そこでふと震災の話になった。

あの日の記憶の色やその濃さはもちろん人それぞれだ。内陸部で暮らしていた私たち家族にも、私たちなりの悲しくて寂しい記憶がある。

それでも母は、「私たちよりもよっぽど辛い思いをした方がいるので」と多くを語らなかった。県外の人に震災について話す母を見るのははじめてで、その姿をやけにはっきりと覚えている。

 

13年前を思い出すときに、震災があった3月11日のことよりも、そのあとの日々のことをずっと色濃く思い出す。

テレビやネットがつながらず、翌朝届いた号外を一目見て「実家がない」と泣き崩れた、隣家に住む同級生のお母さんのこと。

友人たちとも連絡がつかず、あの子は無事だろうかと案じることしかできない自分が腹立たしくて、冷たいフローリングに敷いた布団の中でまるくなって泣いていたこと。

やっと電気が復旧した日にテレビをつけ、過去に録画した大河ドラマを見て、知っている日常の香りに涙が出たこと。

 

だんだんと日常を取り戻したように見えるけれど、取り戻したと思っている日常ははっきりと「震災のあとの日常」だ。陳腐な表現かもしれないが、あの日を境に世界がぐるりと変わった。

あの日を示す符号として繰り返される「サンテンイチイチ」という音だけが、いつまでも違和感をもって耳に残る。

 

あのときもいまも私は無力で、のんびりと日々を過ごしている。そんな私でも、毎年3月11日はどこか気持ちが落ち着かない。

どんな日だって、誰かにとっておめでたい日であるとともに、誰かにとっては忘れることができない「世界が変わった日」だ。

祝福と祈りは決して背反するものでないと思っている。

 

撮って出し一週間日記 2024年1月

平日も盛りだくさんで楽しかった一週間。

月曜日

初めての結婚記念日。早めに退勤して近場のフレンチを食べに行きました。駅で夫と待ち合わせたら大きな花束を持って待っていてくれた!普段はサプライズみたいなことは絶対にしない人なのでびっくり。ほかほかした気持ちでお店に向かいました。

そのあとはフレンチとワインペアリングのコースをゆっくり楽しみました。メインは黒毛和牛のはずだったんだけど、数羽だけ鴨が入ったそうでいただけることに。真っ赤な断面が美しい…。ぎゅっと身が締まっていてワインともよく合いとっても美味しかった!静かな雰囲気のお店でワインも種類豊富、デザートまで安定して美味しかった。また特別な日にでも行きたいな。

火曜日

バタバタしていた出社日。21時すぎまで打ち合わせがあってしんどかった…。最近コンビニのお惣菜が高いわりに虚無で悲しいので、お昼は居酒屋でテイクアウトできる海鮮丼を食べました。冷たい酢飯が好き。

ちゃんと休憩をとる余裕もなく、隙間にトイレでポケモンスリープのお世話をすることだけが癒しだった…。

水曜日

待ちに待った有給!趣味が合う同僚と一緒に、舞台「イザボー」を観に行きました。これがもう本当に素晴らしくて…!産める性であるがゆえに世界に反発しながらも、彼女なりの武器を使って生き延びたイザボーの姿が美しかった。舞台の真ん中でスポットライトを浴びながら「悲劇のヒロインになるつもりはないわ!」と叫ぶ様が格好良くて…!

ヨランドやヴァレンチーナとの関係性をしっかり描いてくれたのも好きだったなぁ。特にヨランド。イザボーと似ているようで似ていない彼女の強かさも好きです。私は割と末満脚本とは気が合う方なのですが、いつもよりすんなりわかりやすく1回目からちゃんと美味しい味がした!(他作品はスルメだな~と思っていたので)

そして主演の望海風斗をはじめ、端から端まで全キャストの歌がうまくて最高。絶望して床に這いつくばりながら涙からがら歌いだす望海風斗、みんな大好きじゃん…。末満さんは「トップスターの望海風斗」が好きなんだろうなと思った。そして、迫力満点に歌い上げるキャストが多いなかで、大森未来衣さんの瑞々しい歌声が際立っていたのも良かった!

終演後はそのまま感想戦。ワインをぱかぱか空けながら喋り続ける時間が幸せすぎて平日であることを忘れかけてた…。17時前に店に入ったはずが気づけば23時でさすがに笑いました。このために生きてるからいいの!

f:id:ensui_2:20240123180533j:image

木曜日

昨日あんなに飲んだのに二日酔いにならなくて一安心した朝。イザボーの余韻が全然抜けなくてのんびり在宅しよう〜と思っていたものの、結局それなりに忙しく働いてしまった。

最近作業の時には「匿名ラジオ」を聞いています。時間が全然なかったので夜ごはんは鍋!

金曜日

在宅。今日は午後からお友達がうちに来てくれることに!一緒にリモートワークします。早起きできたので、打ち合わせや瀕死のタスク(?)は午前中に終わらせることに成功。お昼にスーパーで待ち合わせて肉野菜炒めが乗ったサッポロ一番をつくって食べた。幸せ。おやつを持ってきてくれたのでお茶しながらのんびり働きました。

最近VIVANTにハマったということで、仕事を終わらせてから1話見てみることに。まんまと止まらなくなってしまい、結局夜までかけて7話くらいまで見ちゃったよ…。2人でドラマに釘付けになっていたら夫が帰ってきたので(友達は夫とも何度も会ってくれている)、夫作のグラタンを食べました。このために年末にオーブンを買ったからおうちグラタンが食べれて嬉しかった!

f:id:ensui_2:20240123005016j:image

土曜日

インターネットの友人たちとおうち痛風鍋の会。みんなそれぞれ見たい(見せたい)映像があるので一番乗りして宝塚を見せようと思っていたら、Blu-rayのケースだけ持ってきていた…。私これ何回もやっているんですよね…人間って本当に成長しない…。

大きな魚屋さんに大興奮した後、白子、あん肝、牡蠣などが入ったうま味ドバドバのお鍋にいくらをのっける狼藉を…。日本酒もあけて何もかも美味しいので、床で溶けちゃってました。

そして人生で初めてフルでバレエを見せてもらった…!その場で解説&アテレコまでしてくれたので、迷子になることもなく「どうなっちゃうのー?!」と楽しく見れました。お呼ばれしたパーティー中にソリティアしちゃダメよ。それにしてもバレエダンサーの動きが軽やかでしなやかで、人体のふしぎを感じた。布かなんかでできてる?

日曜日

今日も人生初の経験ができた日!フィギュアスケートを観に行きました。ミュージカル曲ばかりのアイスショーで、馴染みやすくて楽しめた!

普段は舞台作品ばかり見ているのでとても新鮮で、特に直立のまますーっと滑っていく様子は陸ではできない不思議な表現。静の表現をしていても、疾走感や時間の流れを感じさせられるのが面白い。ライトで氷がキラキラして、リンクがすごく神聖なものに感じた。

リンクに手をついて氷をなでるような振り付けや、ジャンプのときに氷のしぶきがあがる様子、音楽が止んだ時に響く重力を感じる滑走音。客席とリンクが意外と近くて、生で見ないと感じられない臨場感があったので経験できて良かった…!ショーのあとにミーグリ(写真OKタイム)があるのも異文化だった!楽しい!

スケートリンクが寒くて体力を使ったので、終演後は焼肉をもりもり食べました。お友達がつきあってくれて、ずっと気になっていたスニーカーも買えた!一人だと買い物が億劫になってしまうので、背中を押してもらってやっと買えたよ~。

最近考えていること

何かを見たり経験したりしても、他人やSNSに思考が引っ張られているかもと感じることが最近多くて、自分が感じたことをちゃんと言葉で残しておきたいなと改めて思っているところ。絶対に何かを感じていたはずなのに、SNSっぽい言葉で記憶に定着していっちゃうのが怖い。

どんなに感動して心に残っても言葉にして残さないと絶対に忘れていってしまうので、言語化できないと諦めずに自分の中にあるだけの言葉をつくしたいな。せっかく色々な作品に触れているんだから、世間でどんな評価がされていても自分の気持ちを先に聞きたい。そう思って、今回の日記には作品への感想も少しいれました。

全部の感想を外に出そうとは思わないけど、紙の日記帳に書きなぐったことのひとかけらくらいは、ブログやSNSにも出していこうと思っています。自問自答しながら思いつくままに記録するのと人に見られる場所に書くのは全く違うので、忘れた頃に読み返すのが楽しみです。

 

 

ensui-2.hatenablog.com

 

円錐にマシュマロを投げる | マシュマロ